本日9月24日、2022第6回スポニチいわて奥州きらめきマラソン実行委員会の総会を開催し、実行委員の皆さまにご議論をいただきました。大会の募集要項と、大会開催の可否判断について協議いたしました。

募集要項については、令和4年5月15日(日)開催に向けた参加ランナーの募集について事務局案に承認をいただきました。いっぽう開催可否判断については、第5回大会と同様、10月中を目途に実行委員会長(奥州市長)が判断を行うこと、大会開催を決定した場合においても、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される場合は感染状況をもとに開催可否の再判断を実行委員会長に一任することについて承認されました。

また、大会開催に向けて10月2日及び3日にかけて日本陸上競技連盟の公認検定を受検することなど、大会アンバサダーの那須川瑞穂さんにもオンラインで参加いただきながらご確認いただきました。

今後、事務局といたしましては開催に向けた準備を進めていきますが、中止と判断した場合においては、ランナーの皆さまをはじめ、奥州市民の皆さま、協賛企業の皆さまには改めてこのホームページにおいてお知らせをさせていただきます。

大会が、そして市民マラソンがコロナ禍で風化してしまうことが私たちの大きな心配です。大会へ関心を寄せていただきますよう、今後とも情報発信に努めてまいりますので、どうかよろしくお願いします。