きらめきマラソンのスピンオフイベントを6月13日(日)に歴史公園えさし藤原の郷にて開催しました。参加者・関係者の皆さまのご理解、ご協力のもと、楽しいひとときとなりました。ありがとうございました。
写真とともに、イベントをふりかえります。

このイベントは、次回大会開催に向けた取り組みに繋げていくために、えさし藤原の郷の風景を楽しみながらのファンランと、参加者の交流を楽しむイベントを目指して実施しました。約140人のランナーにご参加いただき、約40人のスタッフが運営にあたりました。

Runランらん開会式の様子Runランらんスタート地点

コロナウイルス感染症対策として、「来場時の検温、マスクの着用、手指消毒」「ファンラン時のウェーブスタート」「給水時のペットボトルでの飲料提供、容器の持ち帰り」「イベント時ソーシャルディスタンスの確保」等に配慮して実施しました。
本来であれば、大会アンバサダーであり奥州大使である那須川瑞穂さまをお招きする予定でしたが、居住地がまん延防止等重点措置の対象地域となっていたことから、招待を見送りました。実行委員会事務局としてはまん延防止等重点措置の解除をギリギリまで待ったのですが、参加申し込みをされた方々には実行委員会からハガキで大会アンバサダーの招待見送りについてはお知らせさせていただきました。参加者の皆さまにはご理解いただき感謝申し上げます。
このことにより、大会アンバサダー直筆メッセージを展示するエリアを新たに設置し、過去大会のポスターやTシャツ、大会パンフレットなどと併せて展示をさせていただきました。

Runランらんファンランのようす1Runランらんファンランのようす2

ファンランでは、参加者の皆さまにはコロナウイルス感染症予防対策にご協力をいただきながら、お楽しみいただきました。多くの仮装ランナーにもご参加いただき、イベントを盛り上げていただきました。

Runランらんファンランのようす3

Runランらんゴール地点

様々な歴史的建造物や自然豊かな散策路を駆け抜けました。
コース沿道では奥州市スポーツ推進委員、奥州市陸上競技協会、一般公募のボランティアスタッフも含め多くの方々にご協力と応援をいただきました。
大塚製薬株式会社さま、第一生命保険株式会社さまには奥州市との事業連携協定のなかでブース設置やスタッフの繰り出しなど、それぞれの立場からご協力いただきました。

Runランらん大塚製薬さまブースと展示スペース

Runランらん第一生命保険さまブース

抽選会では幻となった2020大会特製鋳物メダル、第4回フルマラソン参加賞Tシャツのほか、大塚製薬株式会社さま、第一生命保険株式会社さま、ダスキンレントオール仙台イベントセンターさまから賞品をご提供いただきました。全部で50本以上の抽選を行い、当選者にお受け取りいただきました。

Runランらん抽選会の様子

Runランらん抽選会1

Runランらん抽選会2

参加賞としては、イベント中に皆さまに身に着けていただいた「特製ゼッケン」、「第3回フルマラソン参加賞Tシャツ」「第4回参加賞タオル」のほか、えさし藤原の郷さまより提供いただいたえさしクリーンパーク入場券を、大塚製薬さまよりご提供いただいた巾着袋に入れてお渡しいたしました。

Runランらん参加賞

イベント当日は、ゼッケンを持っている方は藤原の郷のレストハウス内の売店の割引を展開するサービスも展開しました。時間にして2時間程度のイベントでしたが、いろいろな企画やサービスを盛り込んだイベントとなりました。
また、2020大会に協賛いただいた企業・団体さまを一覧の資料にして、後援団体としてご紹介をさせていただきました。参加いただく皆さまのほか、大会を支えていただくスポンサーさまにも、大会開催に向けてこれからまたご協力をお願いしたく存じます。

大会アンバサダー・那須川瑞穂さまのメッセージのとおり、走るモチベーションを保つのが難しいご時世です。しかし、走ることによって得られる「体力」や「心身の健康」がもたらす楽しさを、今回のイベントをきっかけに少しでも多くの人に感じていただけたらありがたいです。
気力・体力ともに充実した皆さんにお会いできる日を心待ちにして、私たち実行委員会は大会開催に向けた準備を進めてまいります。