2018年10月21日(日曜日)、奥州市の観光施設であるえさし藤原の郷で、いわて奥州きらめきマラソンのプレイベント「園内を走ってみよう えさし藤原の郷 Run ラン らん」を開催しました。そのイベントの様子をご紹介します。


 
朝7時半の受け付け開始前から、多くのご家族にご参加いただきました。応援も含めてその数100人超!

 

絶好の秋晴れ! のぼり旗も誇らしげです。開会行事、奥州市スポーツ推進委員の指導によるラジオ体操、走り方のアドバイスのあと整列し朝9時にスタート。


揃いのゼッケンを付けて、少しだけ緊張した面持ちでスタートラインへ。


スタート前の整列。足の速そうな中学生が前に並びます。


約2キロのコースには鯉が泳ぐ池のほとりや歴史を感じる建造物、常緑樹と紅葉の広がる山間地、稲刈りの終わった田んぼを一望する坂など、様々な風景がランナーを迎えました。このようにテレビや映画のロケ舞台となった場所を走るというだけでも、ランナーの皆さんの目を喜ばせたのではないでしょうか。


マラソンのイベントらしさを出すため、一番長い登り坂の頂上に給水所を設置しました。思わず「おいしい」と呟くランナーの皆さん。テーブルに用意していた紙コップは全部なくなりました。


「ここに捨てていいですか」
ゴミ箱を2か所に設置しましたが、参加されたランナーの皆さんはしっかりゴミ箱に紙コップを入れていただきました。マナーもばっちりです。

 
長い坂を一気にくだり、ゴールです。ガッツポーズを取ったり写真を撮ったり、手をつないだり。思い思いにフィニッシュの瞬間を楽しんでいました。


野外ステージで参加者全員で記念撮影をしイベントは終了。終了したころに、藤原の郷の開園時刻となりました。参加された皆さまは、マラソンのクールダウンも兼ねて、えさし藤原の郷の美しい紅葉を歩いてゆっくり楽しんでいただいたようです。
参加賞には、えさし藤原の郷さんから、えさしクリーンパーク入場無料券やタオルなどが配られました。
多くの皆さまにご参加いただき、また、えさし藤原の郷さんには企画の段階から多くのご協力をいただき無事にプレイベントを終えることができました。秋の楽しい思い出になったのではないでしょうか。

いわて奥州きらめきマラソンは来年5月19日、エントリー開始は11月20日です。ぜひエントリーしていただき、今度は好タイムを目指してご参加ください。