2019年1月27日(日曜日)、奥州市立前沢小学校体育館にて、いわて奥州きらめきマラソンのプレイベント「那須川瑞穂さんランニング教室」を開催しました。そのイベントの様子をご紹介します。

いわて奥州きらめきマラソンのスタート・ゴール地点は前沢。その前沢小学校でランニング教室。未来のアスリートがここから生まれるかもしれない。いや、子どもたちだけでなく、一生涯現役で走り続ける市民ランナーも! そう思うだけで、寒さも相まって身が引き締まります。こんな寒い日にも関わらず集まっていただける参加者の皆さんに感謝。
そして、前沢小学校の先生方にも学校の体育館を開放していただき感謝です。いつも会場の配置や駐車場に悩むきらめきマラソンですが、今回は悩まずに済みます!

講師の那須川瑞穂さん。連日、大会アンバサダーとしてメディア出演をしていただいているなかでのご指導、本当にありがとうございます。本日はスペシャルゲストとして那須川さんのパートナーの旦那さまにもご指導いただくこととなりました。

受付では、いわて奥州きらめきマラソンのパンフレットと、特別協賛企業の東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ様からの企業紹介パンフレット(楽しいAR元素周期表付き)を配布させていただきました。

教室の運営に協力をいただく奥州市陸上競技協会会長からのあいさつのあと、ランニング教室スタート!
教室で那須川さんに教えていただいたポイントは大きく3点。
○お腹やお尻の筋肉を上手に使うこと
○腕振り。脇を締めて、体をねじりながら前に進む力を生み出すこと
○足の着き方。地面を押してパワーをもらうこと



ウォーミングアップのあと、体を動かしながら前述のポイントの解説。教室の最後には参加者を5チームに分けてラダーやスラローム、両足ジャンプを織り交ぜながらのリレーを楽しみました。とくに、スラロームはマラソンの際にコース上のカーブや前を走るランナーを避ける際に意識すべきスキルとして、とても参考になったと思います。


質疑応答では、ランニングの最中の呼吸の仕方、大会前日の食事のとり方などが話題に上りました。


教室の最後には、本イベントにご協力をいただいたスポーツデポ一関中里店様から、スポーツグッズ購入の割引チラシとエネルギーゼリーを配布していただきました。スポーツ振興のためにたくさんの企業のご協力があって、イベントが成り立っていることを垣間見ることができたと思います。スポーツデポ一関中里店様、ありがとうございます!


会場のキャパシティの都合などで参加人数は限らせていただきましたが、多くの皆さまにご参加いただき、予定の終了時刻をオーバーしつつも無事にプレイベントを終えることができました。


また、おうしゅうFM様などたくさんの関係機関にも教室の様子をお伝えいただきました。この教室の参加者のなかにもリスナーの方がいらっしゃった様子で、この日のおうしゅうFMの番組内でおたよりが紹介されていましたね。

いわて奥州きらめきマラソンはまだまだエントリー募集中です。ぜひエントリーしていただき、那須川さんといっしょに、春の奥州を駆け抜けましょう。